薄毛・抜け毛・AGA(エージーエー)治療専門藤沢駅前AGAクリニック

 神奈川県藤沢市南藤沢21-8 大安興業ビル3F

毛髪成長因子注入療法毛髪成長因子注入療法

トップページ > 治療一覧 > 毛髪成長因子注入療法
注入治療イメージ
※写真はイメージです

■毛髪成長因子注入療法とは

毛髪の成長シグナルが止まると毛髪の成長・再生も止まり、薄毛が進行します。毛髪成長因子注入療法は薄毛の原因の一つとなる“成長因子(グロースファクター)の不足”を補うもので、直接頭皮から毛根周辺まで育毛カクテル(成長因子)を浸透させる最新の毛髪再生医療です。内服や外用と並行して行えるので早めに効果を出したい方、今までいろいろな薄毛治療を試したが効果を感じられない方、あるいは効果のなかった方におすすめです。


※写真はイメージです

■毛髪成長因子の主成分

成長因子複合体

■発毛の促進

・IGF-1(インスリン様成長因子)

毛髪を強化し、毛包を刺激して健康な髪に。

・bFGF(線維芽細胞成長因子)

頭皮の血流を促進し、毛包を活性化させます。

・VEGF(血管内皮成長因子)

毛包に栄養を与える新生血管の形成を促進。

コエンザイムQ10

■血流の促進

コエンザイムQ10は体内で自然に生成されるタンパク質であり、細胞の再生を促進します。

ヒアルロン酸

■強力な水分補給

ヒアルロン酸の周知の潤滑及び水分補給作用が発毛を促進します。

銅ペプチド

■抗脱毛作用

男性または女性型脱毛症は男女でよくみられる脱毛の一種です。AGAは、毛包における5α還元酵素やDHT(ジヒドテストロステロン)の過剰産生によって引き起こされる疾患で、男性で多く認められますが、エストロゲン濃度が低下した更年期の女性でも発生する場合があります。銅ペプチドは5α還元酵素阻害活性を有するため、重要な抗脱毛作用を示します。

■治療方法

注射またはダーマペンという機器を用いて、成長因子を注入していきます。

注射による注入療法

選択 矢印 冷やす 矢印 注入 矢印 冷やす
① 部位を選択します

② 10分程度冷やします

③ 注射器を用いて成長因子を頭皮に注入します

④ 再び5~10分程度冷やして終了です

Q. 注射による注入治療、痛みはありますか?

当院では局所麻酔薬(キシロカイン)を入れて成長因子を注入しますので、痛みは軽減されます。
※局所麻酔を使用するにあたり、今までに歯科医院などで麻酔注射により気分が悪くなったことのある方は、事前に医師に申告するようお願いいたします

また使用する針は30G(ゲージ)の極細を使用することで、針を刺すときの痛みが最小限に抑えられます(注射針の太さは比較写真をご確認ください)。

注射針
注射針の太さの比較写真

ダーマペンによる注入療法

麻酔を塗る 矢印 冷やして終了 矢印 麻酔クリームを拭き取る 矢印 ダーマペン
① 麻酔クリームを塗布し浸透させます(約40分間)

② 5分程度冷やします

③ 麻酔クリームを拭き取ります

④ ダーマペンを用いて頭皮に成長因子を浸透させます

15分冷やす 矢印 終了
⑤ 再び15分程度冷やします

⑥ 終了です。帽子など頭皮保護のために被ってお帰りいただきます

Q. ダーマペンとは?

ダーマペンは電動機器で皮膚に微細な穴を開け、新しい皮膚を再生させる施術として美容治療などでも使用されています。当院では、ダーマペンで頭皮に無数の小さな穴をあけ、育毛カクテル(成長因子)を浸透させていきます。より高い治療効果を求めるもので、希望者の方におすすめしています。

ダーマペン
ダーマペン

■注意事項

■治療前について

▼ 注射による注入療法

・注入時に痛みをともなうため麻酔(キシロカイン)を入れて注入しています。今までに麻酔注射により気分が悪くなったことがある方は事前に医師に申告するようお願いいたします。

・帽子など頭皮の保護ができるものがあればお持ちください。

▼ ダーマペンによる注入療法

・施術当日は施術部位の清潔を保つため、当日か前日夜には洗髪を済ませてください

・整髪料等、できる限り使用せずお越しください。

・帽子など頭皮の保護ができるものがあればお持ちください。

■治療後について

▼ 注射による注入療法

・当日もしくは翌日は多少の痛みや内出血が生じる場合がありますが、洗髪等は可能です。痛みや内出血が続く場合はご連絡ください。

▼ ダーマペンによる注入療法

・術後は内出血や赤みがでますが、約2日程度でおさまります。

・治療後24時間は洗髪を控え、整髪料、外用薬も使用しないでください。

・数日後、頭皮からフケ状のようなカサブタが剥がれ落ちてくる場合があります。洗髪時は爪をたてないよう、指の腹で優しく洗ってください。

・治療スケジュールが終了するまではカラーリング、脱色、パーマなどはお控えください。

問診イメージ
医師と相談しながら計画を立てます

■治療スケジュール

あくまで推奨ですので、患者様のスケジュールに合せて行なうことが可能です。

■初期 1~2週間に1回を4回
■フォローアップ期間 1カ月に1回を4回
■メンテナンス期間 3カ月に1回を4回

【 トータル:全12回 】

★4回(1クール)終了ごとに次の段階に進むか、医師と相談のうえで決定します。

★トータル12回が終了しても、1~3カ月に1回のメンテナンスは可能です。

治療スケジュール

■リスク・副作用・合併症

■毛髪成長因子注入療法(注射)

アレルギー、気分が悪くなる、動悸、血管痛、神経痛、筋肉痛など。また効果や満足度には個人差がありますので、ご了承ください。
一般的に頭部は内出血が生じにくいと言われていますが、注射を数ヵ所行うため内出血の可能性があります(程度には個人差があります)。内出血や赤みは処置後に冷やすことで軽減されます。

■毛髪成長因子注入療法(ダーマペン)

内出血、発赤、腫脹、疼痛、炎症性色素沈着、傷の肥厚・陥没、ケロイド形成、自分が想像していた結果と異なるなどが考えられます。内出血や赤みは処置後に冷すことで軽減されます。

※before & afterの画像についてのご注意:
写真はあくまで参考画像であり、症例により効果や満足度は異なりますのでご了承ください。

開始時…治療開始時の処方薬(組み合わせ)

変 更…途中変更した処方薬(組み合わせ)

30代症例
施術前 矢印 5カ月後
毛根 矢印 毛根

治療開始前

 

5カ月後

治療開始年齢: 35歳

気になる箇所: 頭頂部

生活習慣: 食事不規則、喫煙

遺伝: 親族

アイコン診療story

10代から薄毛が気になりだし、35歳で治療を開始した症例です。治療開始から5カ月が経過し、頭頂部に改善が見られている患者様の症例です。診察では、毎回、頭部の写真を撮影し、マイクロスコープ(拡大鏡)で頭皮の撮影もおこなって経過を見ています。この患者様は、頭頂部の毛が細く痩せていた状態からかなり太くなり、密度が濃くなっているのがわかります。また、コシも出てきているため頭髪全体にツヤが出てきています。比較的早く顕著に改善が見られているため、患者様も効果を実感されているようです。

30代症例
治療前 矢印 治療後
治療前 矢印 治療後

治療開始前

 

3年11カ月後

治療開始年齢: 31歳

気になる箇所: 前頭部

生活習慣: ストレス

遺伝:

アイコン診療story

29歳頃から薄毛が気になりだし、31歳で治療を開始した症例です。

30代症例
施術前 矢印 施術後
施術前 矢印 施術後

治療開始前

 

9カ月後

治療開始年齢: 30歳

気になる箇所: 前頭部・頭頂部

生活習慣: ストレス、食事不規則、喫煙

遺伝:祖父

アイコン診療story

26歳頃から薄毛が気になりだし、30歳で治療を開始した症例です。

他の年代を選ぶ

40代症例
施術前 矢印 施術後
施術前 矢印 施術後

治療開始前

 

5カ月後

治療開始年齢: 43歳

気になる箇所: 頭頂部

生活習慣: ストレス、睡眠不足

遺伝:親族

アイコン診療story

30歳頃から薄毛が気になりだし、43歳で治療を開始した症例です。この患者様は、プロペシア(フィナステリド)、ミノキシジルタブレットの内服治療と合わせて、毛髪成長因子注入療法(注射)を続けてこられました。5カ月で前頭部、後頭部とも明らかな変化が見られています。細かった毛が太くなったことで密度がでて全体的にボリュームが出てきています。

他の年代を選ぶ

■価格

毛髪成長因子注入療法(注射)

グロースファクター料金イラスト

  • 部位
  • 回数
  • 価格(税込)
  • M字部分2箇所
    • 1回
    • 4回セット
    • ¥16,500
    • ¥59,400
  • 頭頂部
    • 1回
    • 4回セット
    • ¥16,500
    • ¥59,400
  • M字部分+頭頂部
    • 1回
    • 4回セット
    • ¥27,500
    • ¥99,000

※初診料¥3,300・再診料¥1,650が別途かかります

毛髪成長因子注入療法(ダーマペン)

  • 回数
  • 価格(税込)
  • 1回
  • ¥55,000
  • 4回セット
  • ¥198,000(1回¥49,500)

※初診料¥3,300・再診料¥1,650が別途かかります