薄毛・抜け毛・AGA(エージーエー)治療専門藤沢駅前AGAクリニック

 神奈川県藤沢市南藤沢20-2 第一興産ビル5F

トップページ > ジェネリック デュタステリド

ジェネリック デュタステリド

ジェネリック デュタステリド

■ジェネリック デュタステリドとは

デュタステリドはフィナステリド(プロペシア)と同じく、元は前立腺肥大症治療薬の成分効能ですが、AGA治療薬としてはフィナステリド(プロペシア)より強力に作用するお薬です。AGA初期~中期で抜け毛が多く、薄毛が特に目立ってきた方が適応です。

■「デュタステリド」と「アボルブ」は同じもの?

デュタステリドはアボルブの成分であり、「アボルブ」はデュタステリドを0.5mgを含んだAGA治療薬の製品名です。
デュタステリドを含んだ薬品は、アボルブ以外にも存在しています。グラクソ・スミスクライン株式会社が販売する「ザガーロ」という製品です。アボルブとザガーロは同じ製造元で組成(デュタステリド)、性状(カプセル)も同じ薬です。この二つの違いについては、こちら(→アボルブとザガーロ)をご確認ください。

ジェネリック医薬品イメージ
※写真はイメージです

■ジェネリック薬品とは

ジェネリックとは特許の切れた医薬品のことであり、後発薬品とも言います。最大の利点は、先発した医薬品【当院ではデュタステリド(商品名アボルブ)】より安く買えることです。しかし、ジェネリックは「有効性の試験」はしていますが、「安全性の試験」はしていません。そのためジェネリック医薬品は先発薬品と比べその製品に対する副作用などの情報量が少ないことが現状です。ジェネリック医薬品を購入する場合は、医師の説明を良く聞いてから処方してもらいましょう。

作用・効果

■作用・効果

フィナステリド(プロペシア)の主成分であるフィナステリドより、脱毛抑制効果が高いことが特徴です。男性ホルモンの一種である「テストステロン」は「5α-還元酵素」という酵素によって、脱毛や抜け毛を引き起こす「DHT(ジヒドロテストステロン)」に変換されます。主成分であるデュタステリドはフィナステリド(プロペシア)が5α-還元酵素のⅡ型のみしか抑えられないのに対して、デュタステリドは5α-還元酵素のⅠ型とⅡ型の両方を抑えることができるため、より強力に作用します。

用法・用量

■用法・用量

原則1日1錠を内服します。コップ1杯のお水やぬるめの白湯で服用しましょう。飲み忘れても絶対に2回分を一度に飲まないで下さい。用法・用量を正しく守って服用しましょう。

リスク・副作用・合併症

■リスク・副作用・合併症

“本剤に過敏症のある方、女性・小児、重度の肝障害のある方”には禁忌。 1%以上のリビドー減退、勃起機能不全(ED)、乳房異常(女性化乳房・乳頭痛・乳房痛・乳房不快感)、1%未満で蕁麻疹、めまい、射精障害、腹部不快感、倦怠感。なお、抑うつ気分、味覚障害、ポストフィナステリド症候群(内服を中止してもEDやうつ症状が改善しない)などが海外で頻度不明ですが報告されています。

!注意事項!

安全性及や有効性の確立されていない女性は内服できません。また妊娠中の女性が服用すると、胎児に影響が出る恐れがあります。特に胎児が男児だった場合は、生殖器に異常を起こす可能性がありますので、妊娠中の女性や小さいお子さんがいらっしゃる家庭では取り扱いに十分注意してください


 ― 準備中 ―

■価格

薬剤一般名称(商品名)主成分容量価格(税抜)
ジェネリック デュタステリドデュタステリド 0.5mg×30日分(30カプセル) ¥6,500

※初診料¥3,000・再診料¥1,500、消費税は別途かかります

問合せ